産業医紹介サービスおすすめガイド 産業医紹介の「アドバンテッジ」の評判やメリットを紹介!

産業医紹介の「アドバンテッジ」の評判やメリットを紹介!

株式会社アドバンテッジ

株式会社アドバンテッジリスクマネジメントが運営する、
産業医紹介事業を紹介します。

 アドバンテッジは自社のサービスの特長として、

  1. メンタルヘルス対応が得意な産業医を紹介できる
  2. 全国の企業などの事業者に提案
  3. 手厚いフォロー
  4. 産業保健スタッフの増減に柔軟に対応
  5. 複数事業場に対応

など上記5つを挙げています。

 

この記事ではアドバンテッジのサービス内容の詳細を紹介します。
さらに、インターネット上に掲載されている、アドバンテッジに関するよい評判と悪い評判も紹介します。

産業医を探している企業の産業保健担当者にとて有益な情報です!

 

*データは20229月現在のものです。

 

【目次】

アドバンテッジの自己評価:
豊富な実績、上場企業が運営

 

アドバンテッジは自社の実績や強みを公式サイトで公開していて、その内容は以下のとおりです。(*1)。

 

■アドバンテッジの実績と強み(自己評価)

  • 20年以上の歴史
  • EAP事業会社として363万人の従業員を支援
  • 日本産業衛生学会の産業医研修施設に認定されている
  • 厚生労働省メンタルヘルス相談促進事業における登録相談機関に認定(第1号で認定)
  • 企業の休職者の復職支援もサポート
  • 運営会社は東証プライム(旧東証1部)に上場

 

運営会社は1999年に設立しているので、
20年以上の歴史」があるということは、設立当初から産業医などの医療スタッフを企業などに紹介してきたのでしょう。

この実績は強固なもので、企業の産業保健担当者は安心できるはずです。

 

アドバンテッジは、自社をEAP事業会社と名乗っています。
EAPはエンプロイー・アシスタンス・プログラムの略称で、「働く人の健康をサポートする」といった意味になります。

「従業員支援」とは、アドバンテッジが企業に紹介している産業医による支援のほか、休職者の復職支援も含みます。アドバンテッジのこうしたサービスを受けた従業員が全国に363万人いる、ということのようです。

 

産業医研修施設は、日本産業衛生学会が、産業衛生サービスや産業衛生教育を提供できる能力があると認めた企業などのことです。

認定されるには、サービス対象の労働者が1,000人以上いることや、医師が研修できる施設を有していること、指導医が在籍して研修に関わっていること、といった条件をクリアしなければならず、したがってアドバンテッジは「実力が認められた会社」といえると思います。

 

また、運営会社は東証プライム上場企業であることから「大企業」「安定企業」といえ、信頼性は十分あるといえそうです。

 

1https://www.armg.jp/business/doctor/

 

産業医紹介サービスの概要

 

アドバンテッジは、次の2つの形態で産業医を企業などの事業者に紹介しています。

 

■業務委託:アドバンテッジが運用する

以下のいずれかを選択する

  • 4日、17.5時間勤務
  • 1回以上、13時間勤務

 

■直接雇用:企業自身が運用する

  • 契約期間や勤務時間は企業と産業医が協議して決める

 

業務委託は、アドバンテッジが産業医による産業保健サービスを運用します。企業が自社の産業保健をアドバンテッジに任せる形になります。

産業医を直接雇用する形態は、企業が自社で産業保健を運用します。企業はアドバンテッジから、産業医の「紹介を受けるだけ」となります。

 

産業医がすること

 

アドバンテッジが紹介する産業医は、企業などで関連法令などに則って以下の業務に従事します。

 

■産業医の業務

  • 安全衛生委員会への参加
  • 職場巡視
  • 健康診断結果の判定
  • 長時間労働者の面談
  • ストレスチェックの実施と、事後の面談

 

またアドバンテッジは産業保健師も紹介していて、その業務内容は以下のとおり。

 

■産業保健師の業務

  • 産業医の補助
  • 健康診断後の保健指導
  • 長期療養から回復した従業員のフォロー
  • ストレスチェックの高ストレス者へのフォロー
  • 健康イベントの開催

 

5つの特長の詳細説明

 

冒頭で紹介した、アドバンテッジの産業医紹介サービスの5つの特長について詳しく解説します。

 

メンタルヘルス対応が得意な産業医を紹介できる

 

企業では少なからぬ従業員がメンタル面の悩みを抱えていて、厚生労働省も職場における心の健康づくりをサポートしています(*2)。そのため企業の産業保健では、メンタルヘルス関連の需要が高まっていると考えることができます。

そこでアドバンテッジは、メンタルヘルス分野を得意にする産業医や産業保健師を集め、企業に紹介しています。

アドバンテッジの登録者には、精神科医、心療内科医、労働衛生コンサルタント資格の保有者などがいます。

 

2https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000153859.pdf

 

全国の企業などの事業者に提案

 

アドバンテッジはこれまで、北海道から沖縄までの幅広い地域の事業者に産業医を紹介してきました。

どの地方の企業も、産業保健サービスについてアドバンテッジに相談することができます。

 

手厚いフォロー

 

企業のなかには、少ない人数で社内の産業保健を担っているところもあると思います。アドバンテッジはそのような企業に、産業保健担当者の業務をフォローするサービスを提供しています。

 

■企業の産業保健担当者をフォローするサービス

  • 業務内容の確認・連絡

産業医の業務量が多くなってしまった際の時間延長や訪問日追加希望などの相談を代行する

 

  • 日程の管理・調整

産業医の予定時間の変更、日程の再設定などの調整を代行する

 

  • 資料用意

各種面談記録書や衛生委員会での講話の資料などを用意する

 

  • トラブル対応

産業医紹介で問題が生じたとき、すぐに対応できるオペレーションの体制を整えている

 

産業保健スタッフの増減に柔軟に対応

 

企業の産業保健では、支社が産業医選任が必要な事業場になってしまったり、産業医が辞退したりといったトラブルが起きがちです。

アドバンテッジは企業からSOSを受ければ、すぐに産業医を含む産業保健スタッフを手配します。

 

複数事業場に対応

 

複数の支社・支店・営業所を持っている企業は、それぞれの事業場で産業保健を展開しなければなりません。

アドバンテッジは企業の複数の事業場の産業保健サービスを一括して請けることができます。

産業保健サービス一括提供は、従業員に「どこで働いていても安心」という印象を与えることができるでしょう。

 

運営会社について:東証プライムに上場

 

アドバンテッジの運営会社、株式会社アドバンテッジリスクマネジメントは1999年に設立され、現在は東証プライムに上場しています。

資本金は約37,000万円。

20223月期(20214月~20223月)決算は、売上高約58億円、経常利益約4.6億円、純利益約2億円。

拠点は東京都目黒区に本社があり、ほかに名古屋と大阪に支店があります。

 

アドバンテッジのよい評判、悪い評判

 

アドバンテッジについてインターネット上には、よい評判も悪い評判も載っています。

インターネット上の評判は主観的かつエビデンス(科学的根拠)が薄いものが少なくありませんが、その一方でよいものにはよい評判が立ちやすく、悪いものには悪い評判が多く掲載されるという傾向があります。

そのため、企業の産業健康担当者が産業医紹介サービスを選ぶとき、インターネット上の評判を読むことは意味があると考えます。

ここではその両方を紹介します。

 

よい評判

 

製薬会社のD社は、アドバンテッジの運営会社が行っているカウンセリングサービスを導入しています。D社は従業員の健康維持を重視していて、かなり以前から健康相談窓口を設けていましたが、仕組みが古くなったためアドバンテッジにカウンセリングの代行を依頼しました。

D社のカウンセリングの対象者は新入社員や新任管理職など「迷いが多くなる世代」です。

また、外国人従業員が社内コミュニケーションにつまずいていることを相談したところ、悩みが解消した、といった成果があがっています。

アドバンテッジは、従業員本人だけでなく、その家族にもカウンセリングを利用できるようにしました。D社は「従業員に安心感を与えることができている」と評価しています。

 

アドバンテッジからストレスチェック・サービスの提供を受けている自動車部品メーカーのN社は、「受検率が向上し、高ストレス者割合も改善している」と高く評価しています。

アドバンテッジがN社に提供しているサービスは、ストレスチェックの結果分析と具体的な健康施策の提案です。N社は「アドバンテッジから習得したことを組織改善に活かし、企業風土に定着させたい」と述べています。

 

悪い評判と気になった点

 

アドバンテッジの運営会社はカウンセリング事業も手掛けているのですが、こちらについて不満を持っている方がいました。

その方はカウンセリングを受けようと同社関連の施設を訪れたのですが、いつもの待合室ではないところに移動するよう指示されたそうです。この対応を不満に感じたようです。

 

今回のリサーチで判明した、アドバンテッジに関する悪い評判はこれくらいでした。

「悪い評判はほとんど立っていない」と考えてよさそうです。

 

評判とは別に気になった点があるので紹介します。

それは公式サイトに、料金が掲載されていないことです。企業の産業保健担当者は、産業医紹介サービスを探すとき、まずはインターネットで料金を調べようとするでしょう。料金は担当者にとって重要情報になるので、例えば「○円から」といった程度の表記でもよいので、金額の目安がわかる情報が公式サイトにあったほうが親切だと思います。

 

まとめ~上場企業ならではの安心感

 

アドバンテッジは東証プライム上場企業が運営する、産業医紹介サービスを中心とした産業保健事業です。

また運営会社は設立当初から企業の産業保健をサポートする事業を手掛けていて、これが「本業」といえます。

大企業が本気で取り組んでいる事業については、安心感が得られます。

企業の産業保健担当者が産業医を探さなければならなくなったら、アドバンテッジを選択肢の1つに加えてもよいかもしれません。

産業医紹介サービスガイドお役立ちコンテンツ

「適当に産業医を選んだらよくないの?」や「そもそもストレスって何なの?」など産業医を選ぶ上で知っておけばより納得して産業医を選ぶことができる情報をコンテンツとして作成しましたので、是非読んでみて疑問、不安を解消して下さい。

【産業医ガイド】新着記事はこちら

「ランキング」や「コンテンツ」では記載しきれない、産業医紹介に関する最新の情報を随時更新しています!産業医を選ぶ上で欠かせない情報が満載です。

助成金を活用した産業医の設置方法! 効果的に活用する方法を紹介

産業医面談が義務になる残業時間は?長時間労働者への対応を解説!

産業医の導入事例を紹介!解決できた課題は?

新着記事一覧を見る

【産業医ガイド】人気の記事はこちら

産業医に関する色々な記事の中でも特に需要が高い記事をピックアップしております。産業医に関する情報だけではなく、ストレスチェックやメンタルヘルスの事についても知りたい方は是非参考にしてください。

えっ、そうだったの!?5つの要点から丸わかり!産業医費用ガイド

えっ、そうだったの!?5つの要点から丸わかり!産業医費用ガイド

会社は規模に応じて産業医を雇う義務が発生しますが、気になるのが費用について。 特に、以下のような点は人事や労務の方には気になるところです。 「産業医を雇うものの、報酬以外にどんな費用がかかるのか気になる。」 「産業医はどんな風に自社の役にたつのか?」 「カウンセリングと産業医面談について会社と労働者でどんな準備が必要?」 近年働き方改革で職場のワークライフバランスの向上が求められていますが、産業医と上手く付き合うことがトラブルの火元を消すことにも繋がります。 この記事では、産業医の役割と実務、発生しうるトラブルを解説した上で、以下について5つのポイントで紹介しています。 この記事を読んでわかること ・産業医関連の費用について ・どのように産業医と付き合えば従業員の満足度を上げられるか   産業医クラウド (avenir産業医) Mステージ エリクシア First call さんぎょうい株式会社 株式公開 東証グロース※親会社の株式会社メンタルヘルステクノロジーズ - - 東証プライム - 初期費用 無料 11万円 無料 11万円 無料 月額費用 33,000円 (税抜30,000円) 訪問しない月:22,000円(税抜20,000円) 訪問する月:55,000円(税抜50,000円) 110,000円 (税抜100,000円) オンライン産業医面談・ firstcall健康相談+ ストレスチェック 44,000円 (税抜40,000円) 88,000円 (税抜80,000円) 導入事業場数 10,000以上事業場 1700以上の事業場 公式サイト記載なし 670以上の事業場 900以上の事業場 オンライン 対応項目 産業医面談 健康メール相談 ストレスチェック メンタルケア診断 ハラスメントホットライン 専門医カウンセリング メンタルケア研修 産業医面談 衛生委員会 健康教育 産業医との調整 定期健診の進捗管理 産業医面談 衛生委員会 ストレスチェック メンタルヘルス研修 マネジメント研修 健康相談 ストレスチェック 産業医面談 産業医面談 キャリアコンサルタント面談 セミナー 特徴 メンタルヘルス対策を最も得意とし、テレワークの働き方にも対応。解約率1%未満と安心の実績。 医師紹介の実績は17年。クラウド管理システム「エムコネクト」で人事業務の効率アップ。 担当産業医をはじめとした様々な専門家がチームとなり、課題解決まで実施。迅速な対応も強み。 オンラインでの面談を実施。匿名でいつでも医師に相談ができるチャットサービスも提供。 担当コーディネーターが全てを調整しトラブルを防ぐ。適切かつ細やかなサポートが望める。 公式サイト 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる   目次 1.産業医の役割  1-1.産業医の役割と法的拘束力  1-2.カウンセラーと何が違うのか 2.業務の流れ・産業医と労働者の関係図 3.産業医諸費用一覧ガイド  3-1.ストレスチェック  3-2.健康診断  3-3.産業医面談 4.産業医あるあるクエスチョン  4-1.労使間費用トラブル~どこから個人負担なの~  4-2.使用者vs産業医トラブル  4-3.どこまで産業医にお任せできる? 5.産業医と働き方改革  5-1.産業医との上手な付き合い方  5-2.産業医と作る働き方改革 6.おすすめの産業医紹介サービス 7.まとめ 1.産業医の役割   産業医は一般的な医師とは異なる、役割と法的拘束力を持ちます。 2018年の労働安全法改正により、産業医の役割も法的な職務提供から職場の課題解決を目指したものに変化しました。 まずは産業医の役割からみていきましょう。 1-1.産業医の役割と法的拘束力 産業医とは、労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師のことをいいます。通常の医師とは違い、産業医は診断や処方をすることはなく、必要と判断した場合、産業医から医療機関を紹介したり、休業や復職などの判断をします。 具体的な産業医の業務 ・労働環境や健康増進に対する指導 ・就労制限、就労上の配慮や就労可否の判断 ・病気と業務の関連性の判断 ・企業に対しての勧告 ・休職、復職判定など   産業医は直接的に医療行為を行うのではなく、企業にとっても、労働者にとっても気軽に相談できる会社のかかりつけ医としての役割を担っています。 ≫≫もっと具体的に知りたい方はこちらのページが参考になります。 また産業医は業務に関して4つの法的拘束力を持ちます。具体例と共に確認していきましょう。 ①産業医の勧告権 産業医の立場から見て、職場改善が必要であれば事業主に対して勧告を行います。(※1) もし産業医に労働環境が不適切だと判断されたら、検討しなければいけません。 そして事業者は、産業医勧告の内容と実際の措置(措置をしない場合はその理由)を記録し3年間保存に加え、衛生委員会や安全衛生委員会に、勧告の内容とそれに対する措置の内容を報告する必要があります。  ※1:改正安衛法第13条第6項、改正安衛則第14条の3第3項、第4項「事業者は勧告を尊重し、勧告を受けたときは、その内容を衛生委員会や安全衛生委員会に報告しなければならない」に準ずる ②産業医に対する情報提供義務 次に産業医は、衛生委員会や安全衛生委員会に対して必要な調査審議を求めることができます。(※2) 例えば、「会社の飲酒率を調べてください」という産業医からの求めがあれば、事業者や衛生委員会などは調べて報告しないといけません。 ※2:改正安衛法第14条第3項「産業医を選任した事業者は、産業医に対し、厚生労働省令で定めるところにより、労働者の労働時間に関する情報その他の産業医が労働者の健康管理等を適切に行うために必要な情報として厚生労働省令で定めるものを提供しなければならない。」「産業医は、第一項各号に掲げる事項について、総括安全衛生管理者に対して勧告し、又は衛生管理者に対して指導し、若しくは助言することができる。」に準ずる ③産業医の業務内容・相談方法を周知する義務 産業医の業務内容・健康相談を申し出る方法も企業に周知します。(※3) つまり、産業医は過重労働面接や健診以外でも、いつでも健康相談にのってくれるということを開示する必要があるのです。これは、過労死や過労自殺を防ぐためです。 ※3:改正安衛法第101条第2項、第3項、改正安衛則第98条の第1項、第2項「産業医を選任した事業者は、その事業場における産業医の業務の内容その他の産業医の業務に関する事項について厚生労働省令で定めるものを、常時各作業場の見やすい場所に掲示し、又は備え付けることその他の厚生労働省令で定める方法により、労働者に周知させなければならない。」に準ずる ④産業医の定期巡視権限 産業医は事業所を月1回巡視する義務があり、事業所はそれを断ってはいけません(※4)ちなみに下記のような情報を把握している場合は、産業医が2か月に1度の巡視でもよいとされてます。 ア:衛生管理者が少なくとも毎週1回行う作業場等の巡視の結果 ・ 巡視を行った衛生管理者の氏名、巡視の日時、巡視した場所 ・ 巡視を行った衛生管理者が「設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるとき」と判断した場合における有害事項及び講じた措置の内容 ・ ...

Avenirの産業医紹介サービス「産業医クラウド」の評判とは?

Avenirの産業医紹介サービス「産業医クラウド」の評判とは?

Avenirの産業医紹介サービス 「産業医クラウド」の評判とは? この記事では、 株式会社Avenir(アヴェニール)が展開している 産業医紹介サービス「産業医クラウド」 の評判について解説します。 株式会社Avenirは、 「株式会社メンタルヘルステクノロジーズ」 を親会社にもち産業医事業を展開する企業として 日本の健康経営促進を牽引しています。 Avenirは自社のサービスとして 産業医紹介サービス「産業医クラウド」 産業保健師サービス「保健師クラウド」 医師キャリア支援サービス「ドクターズキャリア」 健康管理システム「健診クラウド」 など様々なサービスを展開して、 多面的に企業のメンタルケアをサポートしています。 そんなAvenirの評判や口コミ、サービス概要、 特徴などを紹介しますので、 Avenirと取り組むべきかお悩みの担当者様は ぜひこの記事を参考にして下さい! なお、本記事を掲載するにあたって調査した内容は こちらのページを参照して下さい。 https://sangyoui-guide.com/avenir/ Avenirとは? Avenirは自社の実績や強みを公式サイトで公開しており、 その内容は以下のとおりです(*1)。 産業医登録数1,549名 導入実績10,000事業場以上 全国対応可能 面接通過率20%の厳選された産業医 無料で産業医の変更が可能 親会社は東証グロースに上場 株式会社Avenir(本社:東京都港区赤坂)は、 2011年に設立されたメンタルヘルスソリューション事業を展開する企業です。 『ウェルビーイングのスタンダードを創る』をビジョンとし、 クラウドの活用と企業における最適なメンタルヘルスケアを 全面的にサポートすることによって、 「心身の健康問題を考えることが身近になる世界」 を実現することを目指している企業です。 産業医及び保健師等による役務提供サービスだけでなく、 ストレスチェックやハラスメント相談窓口などを網羅した、 労働者の心身の健康管理に関する各種クラウド型サービス 「ELPIS(エルピス)」をパッケージ化した 「産業医クラウド」を提供しています。 特に代表取締役社長の刀禰真之介代表は、 「人的資本経営」について記した著書、 『部下がイキイキと働く組織の作り方  人的資本経営・健康経営・ウェルビーイングを実現するための考え方』 を日経BP 日本経済新聞出版より2022年12月に発売。 それだけでなく、YouTubeチャンネルにてメンタルヘルスに関する 情報発信をするなど幅広い活躍をしております。 https://youtu.be/uC3GA24mKY4 産業医紹介サービス 「産業医クラウド」の紹介 Avenirが提供している産業医紹介サービス 「産業医クラウド」についてご紹介します。 産業医クラウドの最大の特徴は、 業界最安レベルの料金と産業医の質 この2つを両立したコスパ抜群のサービスとして 10,000事業場に利用されております。 ■初期費用:無料 ■月額費用:3.3万円(税込/税別3万円)〜  費用について各社と比較したい場合は、 こちらのページをご覧ください。 https://sangyoui-guide.com/cost-ranking/ また、産業医クラウドは 女優の安達祐実さんを起用したWebCMでも注目を集めております。 https://youtu.be/I72bE_PH_1Y   メンタルヘルス・休職・復職のサポートを得意とし、 クラウド産業医システムを用いた独自のパッケージにより、 円滑で人事や労務に負担の少ない産業医運用が可能にしています。 そのため、オンライン対応も強みとしており、 新型コロナウイルスによる昨今の問題にも対応しています。 企業規模にかかわらず、従業員の働き方は大きく変化しています。 従業員のメンタルヘルスを適切に行う必要がありますが、 産業医の探し方や、どのような産業医を選ぶべきなのか分からない という声にも適切に対応することが可能です。 産業医の仕事内容  Avenirが紹介する産業医は、 関連法令などに則って以下の業務に従事します。  ■産業医の業務 安全衛生委員会への参加 健康診断 健康診断結果の判定 長時間労働者の面談 ストレスチェックの実施と、事後の面談 職場巡視 社内講話の実施 休職者(復職者)対応 これらの多岐にわたる対応が可能となっています。 またAvenirは産業保健師も紹介しており、 産業医と合わせて紹介してもらうことが可能です。   「産業医クラウド」の特長5つ 冒頭で紹介したAvenirの産業医紹介サービス 「産業医クラウド」の5つの特長について詳しく解説します。 1)徹底したメンタルヘルス対策  産業医のメインの役割はメンタルヘルス対策です。 産業医の提案によって離職・休職率の減少に貢献した実績もあり、 従業員と人事担当双方からの評価が高いです。 過重労働者との面談にも対応しており、 うつ病にかかる前の対策も可能です。   2)厳選された産業医 Avenirは産業医を紹介してもらう企業だけでなく、 "産業医側"からも評価を受けております。 Avenirには年間何百人といった産業医登録の希望がありますが、 すべての産業医を登録させるのではありません。 独自の基準を設けた面接を行っており、 その面接の通過率はわずか20%とされています。  産業医として従業員のメンタルケアをするためには コミュニケーション能力が最も大切な能力なので、 経験や実績だけで採用するよりも重要な基準です。   3)無料で産業医の変更が可能   産業医紹介サービスは数多くありますが、 無料で変更してもらえるサービスは少ないです。 先述したように、 従業員が満足してくれる質の高い面談が重要です。 もし紹介してもらった産業医が自社に合わなかったら 産業医を変更してもらう対応を取る必要があります。   4)1ヶ月以内に紹介 全国に独自の産業医ネットワークがあり、 相談次第ですぐに産業医の紹介をしてもらうことができます。  産業医の設置義務が従業員数によって定められており、 その基準を知らないまま従業員数を超過してしまうケースもあります。   5)47都道府県で実績有り 全国に事業所を設置している企業にとって、 全国対応していないサービスを選択してしまうと 複数の紹介サービスを利用しなければいけなくなります。 そういった場合を回避するには、 全国に紹介実績があるサービスを導入するべきです。 その点「産業医クラウド」は離島や村など人口の少ないエリアも実績があるので安心です。   Avenirの良い評判、悪い評判   Avenirについてインターネット上には、 よい評判も悪い評判も載っています。 インターネット上の評判は主観的かつ エビデンス(科学的根拠)が薄いものが多いですが、 サービスを選定するときはやはり気になります。 そのため、担当者が産業医紹介サービスを選ぶとき、 悪い評判が多くないか確認することも必要です。 そこで、良い評判と悪い評判、その両方を紹介します。 良い評判 そこまで力を入れるような分野でもありませんでしたが、こちらの会社で産業医を見つけてからは、自分たちが思っていた以上の動きを見せてくれたこともあり信頼しています。(参照:https://g.co/kgs/iSorKk) Googleのレビューが荒れていたので最初は少し不安でしたが、 電話口から対面での説明においても、営業さんの対応が素晴らしく、 レビューに書かれていたようなことは全くありませんでした。(参照:https://g.co/kgs/iSorKk) 全体的に満足度の高いサービスだと感じます。WEB上で面談を行えるので利便性が高く、好印象です。担当いただいた方も丁寧だったので安心できました。(参照:https://g.co/kgs/7aTCNh) 悪い評判 悪い評判はほとんど立っておりませんが、 一部のユーザーから悪い口コミも投稿されていました。 基本料金は安いですが、対応は杜撰、質問に対する回答は的を射ない。(参照:https://g.co/kgs/e5wb2R) ただし、この口コミも2021年のものなので、 現在は解消されている可能性があります。   まとめ  Avenir(アベニール)は東証グロース上場企業が運営する、 産業医紹介サービスを中心とした産業保健事業を展開しています。 コスパを重視して健康経営からメンタルケアまで まるっと依頼したい場合におすすめです。 追加料金を求められやすい産業医業界において 明瞭な料金体系で透明性のあるサービスは魅力的です。 産業医の導入をご検討中の方には おすすめのサービスです。 産業医クラウド(avenir産業医)の公式サイトはこちら     おすすめの特集ページはこちら 詳しいランキングはこちらから!   産業医クラウド (avenir産業医) Mステージ エリクシア First call さんぎょうい株式会社 株式公開 東証グロース ※親会社の株式会社メンタル ヘルステクノロジーズ - - 東証プライム - 初期費用 無料 11万円 無料 11万円 無料 月額費用 33,000円 (税抜30,000円) 訪問しない月:22,000円(税抜20,000円) 訪問する月:55,000円(税抜50,000円) 110,000円 (税抜100,000円) オンライン産業医面談・ firstcall健康相談+ ストレスチェック 44,000円 (税抜40,000円) 88,000円 (税抜80,000円) 導入事業場数 10,000以上 事業場 1700以上の事業場 公式サイト記載なし 670以上の事業場 900以上の事業場 オンライン 対応項目 産業医面談 健康メール相談 ストレスチェック メンタルケア診断 ハラスメントホットライン 専門医カウンセリング メンタルケア研修 産業医面談 衛生委員会 健康教育 産業医との調整 定期健診の進捗管理 産業医面談 衛生委員会 ストレスチェック メンタルヘルス研修 マネジメント研修 健康相談 ストレスチェック 産業医面談 産業医面談 キャリアコンサルタント面談 セミナー 特徴 メンタルヘルス対策を最も得意とし、テレワークの働き方にも対応。解約率1%未満と安心の実績。 医師紹介の実績は17年。クラウド管理システム「エムコネクト」で人事業務の効率アップ。 担当産業医をはじめとした様々な専門家がチームとなり、課題解決まで実施。迅速な対応も強み。 オンラインでの面談を実施。匿名でいつでも医師に相談ができるチャットサービスも提供。 担当コーディネーターが全てを調整しトラブルを防ぐ。適切かつ細やかなサポートが望める。 公式サイト 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる      

企業が産業保健師を選ぶ理由とは?派遣サービスを使ってみよう!

企業が産業保健師を選ぶ理由とは?派遣サービスを使ってみよう!

サービス名 産業医クラウド (avenir産業医) ドクター トラスト エムステージ 料金 月額:1.65万円~ (税抜1.5万円~) 月額:5.5万円~ (税抜5万円~) 訪問しない月:2.2万円~ (税抜2万円~) 訪問する月:5.5万円~ (税抜5万円~) 初期費用 無料 11万円~ (税抜10万円) 11万円~ (税抜10万円) 対応地域 全国対応 全国対応 ※一部地域では時間がかかる 全国対応 ※一部地域では時間がかかる 勤務調整 スポット・時間短縮可能 スポット・時間短縮可能 スポット・時間短縮可能 保健師の チェンジ 無料チェンジ可能 対応可能 無料チェンジ可能 テレワー クでの対応 対応可能 対応可能 対応可能 特徴 テレワークなど様々な状況に対応。メンタルヘルス対策を得意とする、低価格かつ高品質で実績数No.1。 官公庁など業種を問わず対応可能。産業医の契約費用に保健師派遣サービスが含まれる万全のサポート。 長年の実績と経験で企業のニーズに対応。独自のシステムで人事業務を効率化。 公式 サイト 公式 サイトへ 公式 サイトへ 公式 サイトへ   働き方改革によって、「産業医」という言葉を聞く機会が増えました。実際に従業員が50人以上の企業は産業医を雇われていると思います。その一方で、「産業保健師」という職業はまだ聞き馴染みのない方が多いのではないでしょうか。 産業保健師は、医療の専門知識を持ち、産業医よりも身近な存在として企業で活躍しています。社員の健康に関する相談や精神面での相談に乗ったり、健康診断結果に関するお知らせなども行います。しかし産業保健師の仕事はこれだけではなく、カバーする範囲はとても広いのです。 ぜひこの記事を読んで産業保健師について知り、企業の健康経営・産業保健活動に役立ててみませんか? この記事でわかること ・産業保健師の基礎知識 ・産業保健師を雇うメリット/事例 ・産業保健師の探し方   目次 1.産業保健師とは  1-1.産業保健師は何をする?何ができる?  1-2.産業医と産業保健師の違い  1-3.産業保健師の導入はいつ検討するべきか 2.産業保健師を雇うと何が変わる? 3.他社では産業保健師を雇っている?活躍事例は? 4.産業保健師はどこで探せばいいのか  4-1.求人を出す  4-2.産業保健師派遣サービスを利用する 5.最後に 1.産業保健師とは 保健師は「予防」の専門家でもあり、病気やけがを予防するために保健指導等を実施しています。中でも「産業保健師」は、企業に勤めて、従業員の健康管理や職場環境の改善、健康経営のサポートを行います。 保健師はその他に、保健所等の公的機関に勤める「行政保健師」、学校に勤める「学校保健師」、病院に勤める「病院保健師」に分かれています。 出典はこちら:URL ―https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/18/― 1-1.産業保健師は何をする?何ができる? 産業保健師とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?こちらが業務内容になります。 産業保健師の業務内容 健康診断関連業務(日程調整、案内、当日の立ち会い、結果集計、分析、産業医への報告等) 従業員への保健指導(一般健診有所見者への保健指導、特定保健指導等) 産業医の面談関連(事前面談、振り分け、日程調整、面談の同席、医療機関の紹介等) ストレスチェック(実施者・実施事務従事者の担当、結果分析等) 安全衛生委員会(年間スケジュール・テーマ策定、資料作成、委員会出席、施策や取り組みの提案等) 従業員向けセミナー・講演会の実施(セルフケア、ラインケア、メンタルヘルス関連等) 従業員からの健康相談の対応 職場内で発生したケガや病気の治療 健康管理に関する文書の保管・整理 その他従業員の健康管理に関わる業務 これらは例ですが、もちろん企業によって課題やニーズが異なりますので、各社ごとにそれぞれ実施する業務を変える必要があります。 例えばストレスチェックをお願いするなら、産業保健師は実施者になることができるため、企画~実施~結果の評価を行います。もしくは、産業医に実施者をお願いし、産業保健師は実施事務従事者として実施者の補助を行うこともあるでしょう。こちらは企業の体制によって異なります。 1-2.産業医と産業保健師の違い 従業員が50人以上の事業場では産業医を雇っていることと思います。それでは産業医と産業保健師では何が違うのでしょうか?下記の表に簡単にまとめました。 産業医 産業保健師 役割 会社で勤務する労働者たちの健康と安全を管理する医師 社員たちの健康管理に携わり、健康指導や保健指導を通じて病気を予防する 選任の義務 従業員が50人以上の事業場では義務 なし 所有資格 医師免許・産業医認定 保健師・看護師 勤務 嘱託産業医:月1~数回の訪問 専属産業医:企業内で週3~5日の勤務 企業内で勤務 日数は企業によって異なる(常勤~月1回) 病院で例えるなら 医師 看護師 業務の違い 健康診断結果のチェック・事後措置 医師による面談(長時間労働者・高ストレス者・休職者・復職希望者など) 健康診断結果のデータ整理・分析 社員の健康の相談窓口 職場内でのけがや病気の治療   1-3.産業保健師の導入はいつ検討するべきか 以下にあてはまる場合は、おそらく産業医の手が回っていないと考えられます。つまり産業保健に関わる専門家のリソースが足りていないのです。したがって産業保健師の導入を今すぐに検討すべきでしょう。 ・産業医と面談をしている従業員が少ない ・健康診断等を受けっぱなしの従業員が多い ・よりメンタルヘルスに対して対策を行いたい ・職場環境を改善したいが実施に踏み切れていない また産業保健活動はある程度充実しているものの、より強化を行いたい、健康経営に取り組みたい、健康経営銘柄(※)をとりたい、といった場合でも産業保健師の導入をおすすめします。 ※健康経営銘柄とは? 従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業のこと。 経済産業省と東京証券取引所が共同で行っており、この「健康経営銘柄」に選定されて公表されることで、企業の健康経営の取り組みが株式市場等において適切に評価される仕組みになっている。 出典はこちら:URL ーhttps://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_meigara.htmlー 2.産業保健師を雇うと何が変わる?   産業保健師を雇うことで様々なメリットがあります。ここでは、産業保健師を雇うと何が変わるのか、5つにわけて詳しく解説していきます。 ①産業医の訪問時間を有効活用することができる 産業医が職場訪問をする時間には限りがあります。月1回1時間しか取れない企業もあるのではないでしょうか。その短い時間の中で行えることは少なく、法定業務の実施で終了してしまうこともあるはずです。 しかし保健師がいれば、保健師が担える業務もあるため産業医の負担が減ります。その分産業医1人だけではカバーしきれなかった業務にも手が回るようになり、より徹底した質の高い活動を行うことができます。これは企業の産業保健活動の強化にも繋がるでしょう。 ちなみに産業医の訪問時間が足りなくなってしまった場合、「産業医を増やすか、産業保健師を雇うか、どっちがいいの?」という疑問もあると思います。 この場合、産業保健師を雇った方が予算を抑えることができます。そして休職者や復職者などの面談を産業医に任せ、それ以外の面談は全て産業保健師が請け負う、その中でもメンタル不調等の従業員は産業医に繋ぐという体制が良いでしょう。 ②従業員が気軽に相談できる距離感 保健師は、従業員がいつでもどんなことでも相談できるような窓口になります。そのため産業医よりも距離が近く、気軽に相談することができるでしょう。 その分、従業員の健康状態が悪化する前に気づくことができたり、早めのフォローができます。産業医が不調に気づくことができるのは、各種面談(健診有所見者・高ストレス者・過重労働など)or本人が希望した場合のみのため、軽めの症状の段階ははじかれてしまいます。産業保健師の存在によって、“早期発見・早期対応・早期解決”が実現できるのです。 ③産業保健活動の円滑化 産業保健師は企業と産業医を繋ぎます。 特に産業医は不在が多かったり忙しくても、産業保健師が従業員からの相談や情報を産業医に伝えるため、企業全体の産業保健活動が円滑になります。また専門知識を持っているため、医学的な観点から情報を伝えることができます。したがって産業医も判断を素早く行うことができるでしょう。 ④担当者の業務負担の軽減 産業保健師は、各担当者のサポートをしてくれるため、それぞれの業務の負担を軽くすることができます。人事労務担当者にとっては企業の問題把握や職場復帰支援等の、現場の監督者にとっては職場環境や就業上の配慮についての指導や助言をもらえるでしょう。また健康経営についても施策の計画や実行に対するアドバイスをもらえるはずです。このように、産業保健師は企業活動の効率化にも影響を与えます。 ⑤その他イベント等の実施 産業保健師が健康イベントを考案してくれることもあります。(例:ウォーキングイベントやヨガイベント、社内運動会など) またセミナーや講演会の講師も、産業医より比較的リーズナブルな価格で依頼することができるでしょう。 3.他社では産業保健師を雇っている?活躍事例は? 産業保健師をすでに導入している企業では、一体どのように活用しているのでしょうか。以下の事例を参考に自社でも似たような依頼ができないか産業医を含め相談してみましょう。 事例① 訪問頻度:週4日・1日6時間程度 業務内容: ・職場巡視を通じて社員が働きやすい職場を考える ・健診結果のチェック ・衛生委員会で社員対象の健康に関する講話 ・新入社員に対する研修 ・衛生講話のテーマについて担当者との調整 ・「健康に関する相談窓口」としての活動   事例② 訪問頻度:月2日・1日2時間程度 業務内容: ・健診結果の確認、分析、面談対象者のピックアップ ・有所見者との面談   事例③ 訪問頻度:週4日 業務内容: ・健康診断の対応 ・生活指導の面談 ・産業医や担当者との相談 ・産業医の就業判定前の事前整理   事例④ 訪問頻度:週1日・1日4時間程度 業務内容: ・産業医の事業場訪問同行 ・定期的に事業場の様子を産業医へ報告 ・健康相談の窓口   事例⑤ 訪問頻度:月2日・1日2時間程度(従業員50人未満のため産業医未選任) 業務内容: ・過重労働者、メンタル不調者との面談 ・従業員向けセミナーの実施(メンタルヘルス、季節ごとの予防、管理職向け、新入社員向けなど)   4.産業保健師はどこで探せばいいのか ここまで産業保健師について学んできましたが、いざ産業保健師を雇いたい!と思っても一体どうすれば雇うことができるのでしょうか? 産業保健師の探し方は主に2つあります。それぞれにメリット・デメリットがあるのでそちらも紹介していきます。 4-1.求人を出す 1つ目は、企業がそのまま求人を出して募集する方法です。自社ホームページや求人サイト、求人誌などに掲載します。 〇メリット ×デメリット ・産業保健師の給与や勤務形態は自由に選択できる ・広告出稿・面接の手間がかかる ・自社に合った産業保健師が集まるかなどはわからない   4-2.産業保健師派遣サービスを利用する 2つ目は、産業保健師派遣サービスを利用する方法です。産業保健関連サービス(産業医の紹介など)を実施している企業は、同時に産業保健師の派遣サービスを実施していることが多いです。 〇メリット ×デメリット ・登録してある産業保健師の情報量が豊富→マッチングの可能性UP ・手間や時間などの労力をカット ・サービスによっては導入後も担当者がサポート ・産業保健師の育成を実施しているサービスもある ・登録してある産業医の質がいいかは見極める必要がある   産業医クラウド(avenir産業医) 会社名:株式会社Avenir 設立:2011年6月 本社所在地:東京都港区赤坂 3-16-11東海赤坂ビル4階 おすすめポイント 通勤・テレワークどちらも質の高い産業医を派遣できる紹介会社。産業医クラウド(avenir産業医)独自の試験に合格した上位20%の信頼できる産業医のみを起用しています。 面倒な人事の業務を無料支援!日本全国どこでも瞬時に対応低価格かつ高品質で顧客満足度は業界No.1! メンタルヘルス・休職・復職のサポートが得意!クラウド産業医システムを用いた独自のパッケージにより、円滑で人事や労務に負担の少ない産業医運用が可能!だからオンラインに強み! 全国対応 産業医の指定 業務サポート 産業医の 対応可能業務 産業医の変更 費用 費用 ◆初期費用無料! 最低価格:33,000円(税抜30,000円)(1時間) 従業員:150名未満…55,000円(税抜50,000円)(1時間) 従業員:150~300名…88,000円(税抜80,000円)(2時間) 従業員:300~500名…121,000円(税抜110,000円)(3時間) ※年間1200万円以上のコストカットの実績あり! 産業医の指定 労働衛生コンサルタント / 研修済み産業医 / 女性産業医 産業医クラウド(avenir産業医)では企業の状況と予算に応じて最適な産業医を提供・選任できます!すでに産業医を選任していても「スポットで女性産業医にきて欲しい」「休職者が出たから今だけ相談したい」という細かい相談にもしっかり対応可能です。 産業医の変更 無料で変更可能 紹介サービスだからこそできる【産業医の変更無料】産業医と企業の相性や考え方の違いによるありがちなトラブルも、変更にすぐ対応してもらえると安心です。 業務サポート 産業医 / 保健師 / カスタマーサクセス / 研修 / リモート面談 ...

人気記事一覧を見る

当サイトイチオシの
産業医をピックアップ!

産業医クラウド

pr_image

PR :株式会社Avenir

PR
3 つの特徴

全国で10,000以上の事業所を持ち、1ヶ月以内に自社にあった 産業医を紹介可能!

産業医・保健師・カスタマーサクセスが連携した高品質のサービスを提供!

2人1組の体制を構築することで、継続的なサポートと後身育成を実現!

詳しくはこちら

産業医紹介
を検索

X

絞り込み条件で探す

数ある産業医紹介会社の中から、皆様の企業が最も必要とする条件に合わせて検索します。
「ご希望」に合わせチェックボタンにチェックを付け、検索ボタンを押してください。

地域
産業医選任のご状況
産業医に求める項目
※複数選択可
サポートしてほしい業務
  • セルフケア研修とは 自分自身で仕事・生活のストレスに気付き、適切に処理するストレスマネージメントの方法を学ぶための研修です。
    自分がいつ何にストレスを感じて、どんな反応があるのかメカニズムを知る。また他者とストレスの対処法を共有することで、状況に応じて対策できるようにしていきます。
    仕事に対する考え方を変え、職場のストレス環境を改善するアドバイスも行います。
  • ラインケア研修とは 部下の心の健康をケアし、職場環境の問題点を把握することで、より良い環境に改善するための管理職の方に向けた研修です。
    普段から部下を気にかけ、相談しやすい雰囲気を作ることで、些細な変化を発見できるようにします。職場で定期的に相談の機会を作ることが効果的です。
    研修はなるべく早く行い、管理職の方が徐々にスキルを上げて、中長期的に改善をしていけるような取り組みをしています。
  • オンライン診察とは 職場外や自宅でいつでも受けるがことができる、物理的距離にとらわれない診察です。
    近年特に力を入れている取り組みであり、普段と変わらない診察が可能です。
    さらに、自宅などで受診できるため、普段よりリラックスしてのびのびと患者さんと会話できるメリットがあります。
  • EPA導入とは 「従業員支援プログラム」と訳されるサービスです。
    従業員のメンタルヘルスを管理し、仕事へのパフォーマンスを下げる要因を特定・改善することで、職場の生産性の向上を目的とする取り組みです。
    専門的な知識を持った産業医が個人だけではなく、職場の環境も含めた社内制度や運営方法など、幅広い面から改善を行います。
月額費用