産業医紹介サービスおすすめガイド 過去記事ログ:/kyushoku-research/【人事必見!】産業医の報酬相場は一体いくら?産業医採用の第一歩!

過去記事ログ:/kyushoku-research/【人事必見!】産業医の報酬相場は一体いくら?産業医採用の第一歩!

企業は、事業場がある一定の規模に達すると、産業医を選任しなければなりません。
その最初の条件となるのは、

”従業員が50人”

もし雇わなかった場合、法律で罰則を受けることになってしまいます。しかし…
「産業医」について、あなたはどのくらい理解していますか?
特に報酬相場については、決まった金額がありません。よって報酬を決める際は、皆様苦労することかと思います。

ぜひ最後までこの記事を読んで、産業医の報酬相場を知り、産業医についてバッチリマスターしましょう!

この記事でわかること

・産業医について
・産業医の報酬相場

 

目次

1.そもそも産業医ってなに?
 1-1.産業医とは
 1-2.産業医設置の条件
 1-3.産業医を置かなかった場合は…?
 コラム 労働者が50人を超えたら?やることリスト
2.産業医の契約について
 2-1.届け出の仕方
 2-2.2つの契約の仕方
3.産業医報酬基準額の秘密
 3-1.専属産業医
 3-2.嘱託産業医
4.求めるもの次第で報酬は変動する!
 4-1.報酬の変動要因
 4-2.報酬額決定のポイント
5.おわりに

当サイトのおすすめ産業医紹介サービスはコチラから

評判の産業医紹介会社を徹底調査!おすすめ会社5選

 

1.そもそも産業医ってなに?

2019年4月に施行された「働き方改革」において、「産業医・産業健機能の強化」という項目があり、産業医はさらに注目を集めました。
しかし、働き方改革という言葉は知っているものの、具体的に何をすればいいのかわからない!という方は多いようです。
そこでまずは産業医とはなにか?について、簡単に解説していきます。

1-1.産業医とは

産業医とは、“事業場において労働者の健康管理等について、専門的な立場から指導・助言を行う医師”のことです。(日本医師会より引用)
そして産業医の仕事は、以下の項目で医学的な専門知識を必要とするものになります。

  • 健康管理(健康診断や面談など)
  • 労働者の健康障害の原因調査と再発防止のための措置
  • 就労制限、就労上の配慮や就労可否の判断
  • 休職・復職判定
  • 作業環境や作業の維持管理
  • 衛生教育

また、月1回以上は作業場等を巡視し、必要であればなにか措置を取るも労働安全衛生法で定められています。
さらに産業医は、医師であって、以下のいずれかの要件を備えた者から選任する必要があります。

  1. 厚生労働大臣の指定する者(日本医師会、産業医科大学)が行う研修を修了した者
  2. 産業医の養成課程を設置している産業医科大学その他の大学で、厚生労働大臣が指 定するものにおいて当該過程を修めて卒業し、その大学が行う実習を履修した者
  3. 労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験区分が保健衛生である者
  4. 大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授、常勤講師又はこれら の経験者

参考:厚生労働省 “産業医について”

産業医のほとんどは「日本医師会認定産業医」の資格を持っています。つまり上の①に当てはまります。しかしこの資格は、研修に参加するだけでほぼ取得できる状況にあるのです。そして、中には1週間もかからず取れる場合もあるので、多くの医師がとりあえず資格を取っているというのが現状です。名ばかりの産業医が増えていることも否定できません。

1-2.産業医設置の条件

労働安全衛生法により、一定の規模の事業場には産業医の選任が義務付けられています。「事業場」とは、同じ場所で関連する組織的な作業をできる場所の単位のことです。つまり同一企業内でも、支店、支社、店舗ごとに1事業場となります。また、従業員とはパート・アルバイト・派遣社員・契約社員もカウントします。これらのことに注意してください。

また、事業場は産業医を選任すべき事由が発生した日から14日以内に選任しなければいけません。
そして従業員数や業務内容によって、雇わなければいけない産業医の人数・種類が異なります。その一覧は以下の表のとおりです。

労働者数 産業医
~49人 選任の義務はなし
50~499人 1名以上
(専属/嘱託産業医)
500~999人 1名以上
(専属/嘱託産業医)
ただし有害物質※を取り扱う場合は専属産業医に限る
1000~3000人 専属産業医1名以上
3001人~ 専属産業医2名以上

(嘱託産業医と専属産業医という言葉については後で解説します。)

※労働安全衛生規則第 13 条第 1 項第 2 号 

イ 多量の高熱物体を取り扱う業務及び著しく暑熱な場所における業務
ロ 多量の低温物体を取り扱う業務及び著しく寒冷な場所における業務
ハ ラジウム放射線、エツクス線その他の有害放射線にさらされる業務
ニ 土石、獣毛等のじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務
ホ 異常気圧下における業務
ヘ さく岩機、鋲打機等の使用によって、身体に著しい振動を与える業務
ト 重量物の取扱い等重激な業務
チ ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務
リ 坑内における業務
ヌ 深夜業を含む業務
ル 水銀、砒素、黄りん、弗化水素酸、塩酸、硝酸、硫酸、青酸、か性アルカリ、石炭酸その他これらに準ずる有害物を取り 扱う業務
ヲ 鉛、水銀、クロム、砒素、黄りん、弗化水素、塩素、塩酸、硝酸、亜硫酸、硫酸、一酸化炭素、二硫化炭素、青酸、ベン ゼン、アニリンその他これらに準ずる有害物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務
ワ 病原体によって汚染のおそれが著しい業務
カ その他厚生労働大臣が定める業務
参考:厚生労働省 “産業医について”

1-3.産業医を置かなかった場合は…?

産業医を雇わなかった場合、50万円以下の罰金を課せられることになります。これは産業医に欠員が出た場合も同様です。
また、「名義貸し」という事案も発生しています。名義貸しとは、料金を安くしたいがために、毎月ではなく数ヶ月に1度訪問するという内容で契約するケースです。実際にこのような問題は存在します。しかし、これは立派な労働安全衛生法違反にあたります!そして労働基準監督署の立入検査の際にすぐに発覚し、最悪の場合は罰則を受けることもあります。
したがって、規定をきちんと遵守しましょう!

また、産業医を雇っているということは、「社会的地位を果たす」「法令遵守(企業コンプライアンス)」といった企業責任を果たすことにも繋がります。

~コラム~ 労働者数が50人を超えたら?やることリスト

産業医の選任以外にも、労働者数が50人を超えた場合に義務になるものがあります。

  • ストレスチェックの実施(年1回)
  • 衛生委員会の設置
  • 衛生管理者の選任
  • 定期健康診断結果報告書の提出(50人未満は健康診断の実施)

また、ストレスチェックや医師等による健康管理は50人未満であっても努力義務となっています。

 

2.産業医の契約について

ここでは、産業医を置くことについてはわかったけれど、実際にどうやって契約すればいいの…?という疑問にお答えします。

2-1.届け出の仕方

産業医と契約をしたら、所轄の労働基準監督署長に「産業医選任報告」という届け出を行う必要があります。その際には以下のものが必要です。

  • 「産業医選任報告」2部と(1部は事業所控え)
  • 医師免許証のコピー
  • 産業医認定証のコピー

この産業医選任報告の用紙は、厚生労働省のホームページからダウンロードしてください。書式のダウンロードはこちら

2-2.2つの契約の仕方

産業医と契約を結ぶ際には以下の2つのパターンがあります。
そしてそれぞれにメリット、デメリットがあるので簡単に表にまとめました。

契約方法 メリット デメリット
医師と企業の
直接契約
・人事と連携が取りやすい
・一度雇った経験があると交渉がスムーズ
・簡単に他の医師に替えることができない
紹介会社などが間に入る
業務委託契約

・医師に言いにくい要望などが伝えやすくなる
・医師を見つけやすい

・仲介料がかかる

 

ただし、紹介会社に依頼する場合は必ず業務委託契約になるわけではなく、採用支援という形で産業医を紹介した後、医師と企業の直接契約になる形式もあります。

 

3.産業医報酬基準額の秘密

産業医は2つの種類に分けられます。この種類によって、全く勤務形態や報酬相場が異なります。一緒に見ていきましょう。

3-1.専属産業医

専属産業医とは、文字通りその企業専属の産業医です。基本的に職場に常駐し、フルタイムで勤務します。しかし中には、複数の事業所を担当している専属産業医もいるため、どうしても対応が手薄になってしまう可能性があるので注意してください。
勤務日数は週3~4日が一般的です。基本的に医師の中では、週1日程度は別の勤務先で働くことが推奨されています。これはスキルアップや研究のためなどです。したがって、週5日は希望する医師が少ないようです。

基本的な専属産業医の報酬相場(年収)は以下の通りです。

勤務日数/週 年収
1日 300~400万円
2日 600~800万円
3日 900~1200万円
4日 1200〜1500万円
5日 1500~2000万円

 

3-2.嘱託産業医

嘱託産業医とは、普段は開業医や勤務医として働きつつ、月に1回1~2時間程度企業を訪問する産業医です。もちろん回数や時間は企業によって異なります。
最低限の業務としては、職場巡視や衛生・安全委員会への出席、健康管理のアドバイスが挙げられます。正直、これが一番安く済みます。さらに業務を追加する場合、その分の対価を払わなくてはいけません。報酬が変動する場合については、この先の第4章で解説します。

基本的に嘱託産業医の報酬相場は、月1回の訪問で約5~10万円が一般的です。しかし、従業員が増えるほど産業医の負担は大きくなるため、従業員数が増えるにしたがって報酬も増えていきます。以下の表が目安になります。

従業員数 月収
50人未満 4万円
50~100人 6万円
101~200人 7万円
201~300人 8万円
301~400人 9万円
401~500人 10万円
501~600人 12万円
601~700人 14万円
701~800人 16万円
801~900人 18万円
901~999人 20万円

 

4.求めるもの次第で報酬は変動する!

4-1.報酬の変動要因

報酬相場は先程の通りです。しかし、この金額は様々な要因によって変動してしまいます。以下に代表的な要因をまとめました。

  • 契約方法(業務委託契約の場合、仲介料・紹介料などの手数料)
  • 地域
  • 業務内容(面談、ストレスチェック、社内研修など)
  • 有害物質の取り扱い
  • 医師としてのスキル、キャリア
  • 英語や外国語の能力(外資系企業の場合)
  • メンタルヘルス

特にメンタルヘルスケアは近年重要視されるようになってきた項目です。
精神疾患やストレスなどの専門的知識が必要となる上、時間や労力も必要とされます。現在従業員に起こっていることの対応はもちろん、今後の予防対策も必要になります。
そのため精神科医を雇う場合は、相応の対価として報酬が大幅にアップすることがあります。半日で5~15万円をプラスで支払うケースもあるようです。
また、メンタルケアに対応できる産業医もなかなか少ないので、内科医と精神科医の2人を雇っている企業もあります。

4-2.報酬額決定のポイント

つまり色々とサービスを追加しようと思えば、それだけ報酬額も高くなってしまいます。そこで大切なのは、企業が産業医に何を求めるのかです。現在の社内の環境や労働状態、従業員の様子、今後の展望などをもう一度よく考えて、

本当に必要なサービスは何か、どこまで求めればいいのか

を検討しておく必要があるでしょう。
産業医紹介会社の中には、高額なサービスをどんどん追加されてしまう会社もないとは言い切れません。よって惑わされないようにするためにも、とても大事なポイントになります。

5.おわりに

産業医の報酬は、相場に+αしなければならないものが沢山あります。また、何が必要で何が不要なのか、紹介会社や相手の医師としっかり話し合う必要があります。したがって、

産業医探しに軸を持って選んでいく

ということが非常に重要です。
ぜひ自分の企業に合った産業医を見つけて、従業員が働きやすい環境を作りましょう!

 

関連するおすすめ記事はこちら

産業医紹介サービスガイドお役立ちコンテンツ

「適当に産業医を選んだらよくないの?」や「そもそもストレスって何なの?」など産業医を選ぶ上で知っておけばより納得して産業医を選ぶことができる情報をコンテンツとして作成しましたので、是非読んでみて疑問、不安を解消して下さい。

【産業医ガイド】新着記事はこちら

「ランキング」や「コンテンツ」では記載しきれない、産業医紹介に関する最新の情報を随時更新しています!産業医を選ぶ上で欠かせない情報が満載です。

助成金を活用した産業医の設置方法! 効果的に活用する方法を紹介

産業医面談が義務になる残業時間は?長時間労働者への対応を解説!

産業医の導入事例を紹介!解決できた課題は?

新着記事一覧を見る

【産業医ガイド】人気の記事はこちら

産業医に関する色々な記事の中でも特に需要が高い記事をピックアップしております。産業医に関する情報だけではなく、ストレスチェックやメンタルヘルスの事についても知りたい方は是非参考にしてください。

えっ、そうだったの!?5つの要点から丸わかり!産業医費用ガイド

えっ、そうだったの!?5つの要点から丸わかり!産業医費用ガイド

会社は規模に応じて産業医を雇う義務が発生しますが、気になるのが費用について。 特に、以下のような点は人事や労務の方には気になるところです。 「産業医を雇うものの、報酬以外にどんな費用がかかるのか気になる。」 「産業医はどんな風に自社の役にたつのか?」 「カウンセリングと産業医面談について会社と労働者でどんな準備が必要?」 近年働き方改革で職場のワークライフバランスの向上が求められていますが、産業医と上手く付き合うことがトラブルの火元を消すことにも繋がります。 この記事では、産業医の役割と実務、発生しうるトラブルを解説した上で、以下について5つのポイントで紹介しています。 この記事を読んでわかること ・産業医関連の費用について ・どのように産業医と付き合えば従業員の満足度を上げられるか   産業医クラウド (avenir産業医) Mステージ エリクシア First call さんぎょうい株式会社 株式公開 東証グロース※親会社の株式会社メンタルヘルステクノロジーズ - - 東証プライム - 初期費用 無料 11万円 無料 11万円 無料 月額費用 33,000円 (税抜30,000円) 訪問しない月:22,000円(税抜20,000円) 訪問する月:55,000円(税抜50,000円) 110,000円 (税抜100,000円) オンライン産業医面談・ firstcall健康相談+ ストレスチェック 44,000円 (税抜40,000円) 88,000円 (税抜80,000円) 導入事業場数 10,000以上事業場 1700以上の事業場 公式サイト記載なし 670以上の事業場 900以上の事業場 オンライン 対応項目 産業医面談 健康メール相談 ストレスチェック メンタルケア診断 ハラスメントホットライン 専門医カウンセリング メンタルケア研修 産業医面談 衛生委員会 健康教育 産業医との調整 定期健診の進捗管理 産業医面談 衛生委員会 ストレスチェック メンタルヘルス研修 マネジメント研修 健康相談 ストレスチェック 産業医面談 産業医面談 キャリアコンサルタント面談 セミナー 特徴 メンタルヘルス対策を最も得意とし、テレワークの働き方にも対応。解約率1%未満と安心の実績。 医師紹介の実績は17年。クラウド管理システム「エムコネクト」で人事業務の効率アップ。 担当産業医をはじめとした様々な専門家がチームとなり、課題解決まで実施。迅速な対応も強み。 オンラインでの面談を実施。匿名でいつでも医師に相談ができるチャットサービスも提供。 担当コーディネーターが全てを調整しトラブルを防ぐ。適切かつ細やかなサポートが望める。 公式サイト 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる   目次 1.産業医の役割  1-1.産業医の役割と法的拘束力  1-2.カウンセラーと何が違うのか 2.業務の流れ・産業医と労働者の関係図 3.産業医諸費用一覧ガイド  3-1.ストレスチェック  3-2.健康診断  3-3.産業医面談 4.産業医あるあるクエスチョン  4-1.労使間費用トラブル~どこから個人負担なの~  4-2.使用者vs産業医トラブル  4-3.どこまで産業医にお任せできる? 5.産業医と働き方改革  5-1.産業医との上手な付き合い方  5-2.産業医と作る働き方改革 6.おすすめの産業医紹介サービス 7.まとめ 1.産業医の役割   産業医は一般的な医師とは異なる、役割と法的拘束力を持ちます。 2018年の労働安全法改正により、産業医の役割も法的な職務提供から職場の課題解決を目指したものに変化しました。 まずは産業医の役割からみていきましょう。 1-1.産業医の役割と法的拘束力 産業医とは、労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師のことをいいます。通常の医師とは違い、産業医は診断や処方をすることはなく、必要と判断した場合、産業医から医療機関を紹介したり、休業や復職などの判断をします。 具体的な産業医の業務 ・労働環境や健康増進に対する指導 ・就労制限、就労上の配慮や就労可否の判断 ・病気と業務の関連性の判断 ・企業に対しての勧告 ・休職、復職判定など   産業医は直接的に医療行為を行うのではなく、企業にとっても、労働者にとっても気軽に相談できる会社のかかりつけ医としての役割を担っています。 ≫≫もっと具体的に知りたい方はこちらのページが参考になります。 また産業医は業務に関して4つの法的拘束力を持ちます。具体例と共に確認していきましょう。 ①産業医の勧告権 産業医の立場から見て、職場改善が必要であれば事業主に対して勧告を行います。(※1) もし産業医に労働環境が不適切だと判断されたら、検討しなければいけません。 そして事業者は、産業医勧告の内容と実際の措置(措置をしない場合はその理由)を記録し3年間保存に加え、衛生委員会や安全衛生委員会に、勧告の内容とそれに対する措置の内容を報告する必要があります。  ※1:改正安衛法第13条第6項、改正安衛則第14条の3第3項、第4項「事業者は勧告を尊重し、勧告を受けたときは、その内容を衛生委員会や安全衛生委員会に報告しなければならない」に準ずる ②産業医に対する情報提供義務 次に産業医は、衛生委員会や安全衛生委員会に対して必要な調査審議を求めることができます。(※2) 例えば、「会社の飲酒率を調べてください」という産業医からの求めがあれば、事業者や衛生委員会などは調べて報告しないといけません。 ※2:改正安衛法第14条第3項「産業医を選任した事業者は、産業医に対し、厚生労働省令で定めるところにより、労働者の労働時間に関する情報その他の産業医が労働者の健康管理等を適切に行うために必要な情報として厚生労働省令で定めるものを提供しなければならない。」「産業医は、第一項各号に掲げる事項について、総括安全衛生管理者に対して勧告し、又は衛生管理者に対して指導し、若しくは助言することができる。」に準ずる ③産業医の業務内容・相談方法を周知する義務 産業医の業務内容・健康相談を申し出る方法も企業に周知します。(※3) つまり、産業医は過重労働面接や健診以外でも、いつでも健康相談にのってくれるということを開示する必要があるのです。これは、過労死や過労自殺を防ぐためです。 ※3:改正安衛法第101条第2項、第3項、改正安衛則第98条の第1項、第2項「産業医を選任した事業者は、その事業場における産業医の業務の内容その他の産業医の業務に関する事項について厚生労働省令で定めるものを、常時各作業場の見やすい場所に掲示し、又は備え付けることその他の厚生労働省令で定める方法により、労働者に周知させなければならない。」に準ずる ④産業医の定期巡視権限 産業医は事業所を月1回巡視する義務があり、事業所はそれを断ってはいけません(※4)ちなみに下記のような情報を把握している場合は、産業医が2か月に1度の巡視でもよいとされてます。 ア:衛生管理者が少なくとも毎週1回行う作業場等の巡視の結果 ・ 巡視を行った衛生管理者の氏名、巡視の日時、巡視した場所 ・ 巡視を行った衛生管理者が「設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるとき」と判断した場合における有害事項及び講じた措置の内容 ・ ...

Avenirの産業医紹介サービス「産業医クラウド」の評判とは?

Avenirの産業医紹介サービス「産業医クラウド」の評判とは?

Avenirの産業医紹介サービス 「産業医クラウド」の評判とは? この記事では、 株式会社Avenir(アヴェニール)が展開している 産業医紹介サービス「産業医クラウド」 の評判について解説します。 株式会社Avenirは、 「株式会社メンタルヘルステクノロジーズ」 を親会社にもち産業医事業を展開する企業として 日本の健康経営促進を牽引しています。 Avenirは自社のサービスとして 産業医紹介サービス「産業医クラウド」 産業保健師サービス「保健師クラウド」 医師キャリア支援サービス「ドクターズキャリア」 健康管理システム「健診クラウド」 など様々なサービスを展開して、 多面的に企業のメンタルケアをサポートしています。 そんなAvenirの評判や口コミ、サービス概要、 特徴などを紹介しますので、 Avenirと取り組むべきかお悩みの担当者様は ぜひこの記事を参考にして下さい! なお、本記事を掲載するにあたって調査した内容は こちらのページを参照して下さい。 https://sangyoui-guide.com/avenir/ Avenirとは? Avenirは自社の実績や強みを公式サイトで公開しており、 その内容は以下のとおりです(*1)。 産業医登録数1,549名 導入実績10,000事業場以上 全国対応可能 面接通過率20%の厳選された産業医 無料で産業医の変更が可能 親会社は東証グロースに上場 株式会社Avenir(本社:東京都港区赤坂)は、 2011年に設立されたメンタルヘルスソリューション事業を展開する企業です。 『ウェルビーイングのスタンダードを創る』をビジョンとし、 クラウドの活用と企業における最適なメンタルヘルスケアを 全面的にサポートすることによって、 「心身の健康問題を考えることが身近になる世界」 を実現することを目指している企業です。 産業医及び保健師等による役務提供サービスだけでなく、 ストレスチェックやハラスメント相談窓口などを網羅した、 労働者の心身の健康管理に関する各種クラウド型サービス 「ELPIS(エルピス)」をパッケージ化した 「産業医クラウド」を提供しています。 特に代表取締役社長の刀禰真之介代表は、 「人的資本経営」について記した著書、 『部下がイキイキと働く組織の作り方  人的資本経営・健康経営・ウェルビーイングを実現するための考え方』 を日経BP 日本経済新聞出版より2022年12月に発売。 それだけでなく、YouTubeチャンネルにてメンタルヘルスに関する 情報発信をするなど幅広い活躍をしております。 https://youtu.be/uC3GA24mKY4 産業医紹介サービス 「産業医クラウド」の紹介 Avenirが提供している産業医紹介サービス 「産業医クラウド」についてご紹介します。 産業医クラウドの最大の特徴は、 業界最安レベルの料金と産業医の質 この2つを両立したコスパ抜群のサービスとして 10,000事業場に利用されております。 ■初期費用:無料 ■月額費用:3.3万円(税込/税別3万円)〜  費用について各社と比較したい場合は、 こちらのページをご覧ください。 https://sangyoui-guide.com/cost-ranking/ また、産業医クラウドは 女優の安達祐実さんを起用したWebCMでも注目を集めております。 https://youtu.be/I72bE_PH_1Y   メンタルヘルス・休職・復職のサポートを得意とし、 クラウド産業医システムを用いた独自のパッケージにより、 円滑で人事や労務に負担の少ない産業医運用が可能にしています。 そのため、オンライン対応も強みとしており、 新型コロナウイルスによる昨今の問題にも対応しています。 企業規模にかかわらず、従業員の働き方は大きく変化しています。 従業員のメンタルヘルスを適切に行う必要がありますが、 産業医の探し方や、どのような産業医を選ぶべきなのか分からない という声にも適切に対応することが可能です。 産業医の仕事内容  Avenirが紹介する産業医は、 関連法令などに則って以下の業務に従事します。  ■産業医の業務 安全衛生委員会への参加 健康診断 健康診断結果の判定 長時間労働者の面談 ストレスチェックの実施と、事後の面談 職場巡視 社内講話の実施 休職者(復職者)対応 これらの多岐にわたる対応が可能となっています。 またAvenirは産業保健師も紹介しており、 産業医と合わせて紹介してもらうことが可能です。   「産業医クラウド」の特長5つ 冒頭で紹介したAvenirの産業医紹介サービス 「産業医クラウド」の5つの特長について詳しく解説します。 1)徹底したメンタルヘルス対策  産業医のメインの役割はメンタルヘルス対策です。 産業医の提案によって離職・休職率の減少に貢献した実績もあり、 従業員と人事担当双方からの評価が高いです。 過重労働者との面談にも対応しており、 うつ病にかかる前の対策も可能です。   2)厳選された産業医 Avenirは産業医を紹介してもらう企業だけでなく、 "産業医側"からも評価を受けております。 Avenirには年間何百人といった産業医登録の希望がありますが、 すべての産業医を登録させるのではありません。 独自の基準を設けた面接を行っており、 その面接の通過率はわずか20%とされています。  産業医として従業員のメンタルケアをするためには コミュニケーション能力が最も大切な能力なので、 経験や実績だけで採用するよりも重要な基準です。   3)無料で産業医の変更が可能   産業医紹介サービスは数多くありますが、 無料で変更してもらえるサービスは少ないです。 先述したように、 従業員が満足してくれる質の高い面談が重要です。 もし紹介してもらった産業医が自社に合わなかったら 産業医を変更してもらう対応を取る必要があります。   4)1ヶ月以内に紹介 全国に独自の産業医ネットワークがあり、 相談次第ですぐに産業医の紹介をしてもらうことができます。  産業医の設置義務が従業員数によって定められており、 その基準を知らないまま従業員数を超過してしまうケースもあります。   5)47都道府県で実績有り 全国に事業所を設置している企業にとって、 全国対応していないサービスを選択してしまうと 複数の紹介サービスを利用しなければいけなくなります。 そういった場合を回避するには、 全国に紹介実績があるサービスを導入するべきです。 その点「産業医クラウド」は離島や村など人口の少ないエリアも実績があるので安心です。   Avenirの良い評判、悪い評判   Avenirについてインターネット上には、 よい評判も悪い評判も載っています。 インターネット上の評判は主観的かつ エビデンス(科学的根拠)が薄いものが多いですが、 サービスを選定するときはやはり気になります。 そのため、担当者が産業医紹介サービスを選ぶとき、 悪い評判が多くないか確認することも必要です。 そこで、良い評判と悪い評判、その両方を紹介します。 良い評判 そこまで力を入れるような分野でもありませんでしたが、こちらの会社で産業医を見つけてからは、自分たちが思っていた以上の動きを見せてくれたこともあり信頼しています。(参照:https://g.co/kgs/iSorKk) Googleのレビューが荒れていたので最初は少し不安でしたが、 電話口から対面での説明においても、営業さんの対応が素晴らしく、 レビューに書かれていたようなことは全くありませんでした。(参照:https://g.co/kgs/iSorKk) 全体的に満足度の高いサービスだと感じます。WEB上で面談を行えるので利便性が高く、好印象です。担当いただいた方も丁寧だったので安心できました。(参照:https://g.co/kgs/7aTCNh) 悪い評判 悪い評判はほとんど立っておりませんが、 一部のユーザーから悪い口コミも投稿されていました。 基本料金は安いですが、対応は杜撰、質問に対する回答は的を射ない。(参照:https://g.co/kgs/e5wb2R) ただし、この口コミも2021年のものなので、 現在は解消されている可能性があります。   まとめ  Avenir(アベニール)は東証グロース上場企業が運営する、 産業医紹介サービスを中心とした産業保健事業を展開しています。 コスパを重視して健康経営からメンタルケアまで まるっと依頼したい場合におすすめです。 追加料金を求められやすい産業医業界において 明瞭な料金体系で透明性のあるサービスは魅力的です。 産業医の導入をご検討中の方には おすすめのサービスです。 産業医クラウド(avenir産業医)の公式サイトはこちら     おすすめの特集ページはこちら 詳しいランキングはこちらから!   産業医クラウド (avenir産業医) Mステージ エリクシア First call さんぎょうい株式会社 株式公開 東証グロース ※親会社の株式会社メンタル ヘルステクノロジーズ - - 東証プライム - 初期費用 無料 11万円 無料 11万円 無料 月額費用 33,000円 (税抜30,000円) 訪問しない月:22,000円(税抜20,000円) 訪問する月:55,000円(税抜50,000円) 110,000円 (税抜100,000円) オンライン産業医面談・ firstcall健康相談+ ストレスチェック 44,000円 (税抜40,000円) 88,000円 (税抜80,000円) 導入事業場数 10,000以上 事業場 1700以上の事業場 公式サイト記載なし 670以上の事業場 900以上の事業場 オンライン 対応項目 産業医面談 健康メール相談 ストレスチェック メンタルケア診断 ハラスメントホットライン 専門医カウンセリング メンタルケア研修 産業医面談 衛生委員会 健康教育 産業医との調整 定期健診の進捗管理 産業医面談 衛生委員会 ストレスチェック メンタルヘルス研修 マネジメント研修 健康相談 ストレスチェック 産業医面談 産業医面談 キャリアコンサルタント面談 セミナー 特徴 メンタルヘルス対策を最も得意とし、テレワークの働き方にも対応。解約率1%未満と安心の実績。 医師紹介の実績は17年。クラウド管理システム「エムコネクト」で人事業務の効率アップ。 担当産業医をはじめとした様々な専門家がチームとなり、課題解決まで実施。迅速な対応も強み。 オンラインでの面談を実施。匿名でいつでも医師に相談ができるチャットサービスも提供。 担当コーディネーターが全てを調整しトラブルを防ぐ。適切かつ細やかなサポートが望める。 公式サイト 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる 公式サイト をみる      

産業医紹介の「エムステージ」はおすすめ?評判も調査!

産業医紹介の「エムステージ」はおすすめ?評判も調査!

株式会社エムステージ(本社・東京都品川区)の 産業保健トータルサポート事業を紹介します。 本事業のブランド名は社名と同じ「エムステージ」です。 エムステージは、 企業などの事業者に産業医や産業保健師を紹介したり、 ストレスチェックやメンタルヘルス研修などを提供したりしています。 この記事では、エムステージの詳細や料金などを解説します。 さらに、インターネット上に掲載されている、 エムステージに関する良い評判と悪い評判も紹介します。 産業医を探している企業の実務担当者にとって、 有益な情報になることを期待いたします。 *本稿のデータは2022年9月現在のものです。 エムステージの自己評価と実績 「業界最安級をPR」 エムステージは公式サイトで、 自社の実績や強みについて次のように紹介しています(*1)。 ●医師紹介事業19年 ●導入実績1,900件 ●産業医の登録者数は業界最大級 ●産業医紹介の継続率95% ●全国対応、本支社は東京、札幌、仙台、金沢、名古屋、大阪、福岡に設置 ●料金は業界最安水準、初期費用なし、月額30,000円から 株式会社エムステージの設立が2003年なので、 医師紹介事業19年ということは、設立当初からこの事業に携わっていたことになります。 導入実績1,900件は、産業医を含む保健スタッフの紹介数です。 紹介先は大同生命や吉野家、デサント、日本ハム、読売新聞、JT、サントリーなどの大企業、官公庁から、中小企業、スタートアップ(企業)まで幅広い特徴があります。 産業医の登録者数は業界大最大級とありますが、 公式サイトには人数は明記されていませんでした。 エムステージの本社は東京にあり、支社が国内主要地方都市にあります。 料金については後段で紹介します。 *1:https://sangyohokensupport.jp/sangyoui/sangyoui 産業医紹介サービスの概要と料金 エムステージのメイン事業である産業医紹介サービスの概要と料金を紹介します。 全国対応と100事業場一括受注も可能 エムステージに登録している産業医は47都道府県すべてにいて、 全国の事業者に紹介しています。 例えば全国各地に拠点を持っている企業は、 エムステージに依頼すればすべての拠点に産業医をつけることができます。 過去には100カ所の事業場を持つ企業から、 産業医紹介サービスを一括受注したことがあるそうです。 産業医は契約した企業で、法律などに規定されている次の業務を行います。 健康診断後の面談 衛生委員会への出席 高ストレス者の面談 職場巡視 オンライン対応も可 衛生講話 導入時のサポートも充実 これまで産業医を選任してこなかった企業が初めて産業医を選任する場合、 医師の派遣を受けるだけでは済みません。 企業の担当者は、産業医の受け入れ態勢を整えなければなりません。 また、産業保健体制を全面的に見直す必要も出てくるでしょう。 しかも、こうした業務は法令とおりに進める必要があります。 そこでエムステージは、 企業の担当者をサポートして産業保健体制の構築を手助けするサービスも提供しています。 産業保健業務の管理 実務のサポート 衛生委員会の立ち上げ 職場巡視への同行 年間プラン作成のフォロー 産業医の訪問日程の作成 産業保健の各分野の専門家に相談できる 特筆したいのは、産業保健業務の管理です。 エムステージから産業医の紹介を受けた企業は、 無料で同社の業務管理システムを利用することができます。 これを利用すると関連業務のIT化が進み、 一部作業を自動化することができるので、 産業保健業務が確実になるだけでなく、 担当者の作業負担が軽減するでしょう。 この業務管理システムでは、 産業医の面接指導業務の日程調整、 書類と情報の共有、複数事業場の統一管理と運用、労働基準監督署への提出書類や休職・復職に関する書式のダウンロード、などが可能になります。 専属は年俸の25%、嘱託は月3万円から エムステージの産業医紹介の料金は、専属産業医(1,000人以上の事業場)、嘱託産業医(1,000人未満の事業場)、スポット産業医(全事業場)で異なり、以下のとおりです。 ●専属産業医(1,000人以上の事業場)の料金:年俸25% 週3~5日勤務。企業に常駐し、総務部や人事部と連携して職場の健康をサポート ●嘱託産業医(1,000人未満の事業場)の料金:月30,000円~ 1、2カ月に1回1日勤務、1回1~2時間 ●スポット産業医(全事業場)の料金:1回35,000円~ 1回1日勤務、1回1~2時間 その他のサービス エムステージは産業医紹介と実務担当者支援のほかに、 次のようなサービスを企業に提供しています。 ●ストレスチェック 厚生労働省が推奨する57項目によるストレスチェックのほか、エムステージが独自に設定した詳細版も用意しています。企業はストレスマネジメントを強化したり、集団分析の結果を活用したりすることができます。年間55万人がこのストレスチェック・サービスを利用しています。 ●産業保健師の紹介 産業保健師は、企業の実務担当者と産業医をつなぐ役割を果たします。また、医師でなくても行うことができる健康相談、保健指導、従業員のメンタル対策を担うこともできます。 ●ハラスメント相談窓口 企業の従業員からのハラスメント相談を、エムステージの相談窓口が受け付けます。相談員は資格を持ったスペシャリストが対応。相談した内容は、相談者の同意を得るなどしたあとに報告書にまとめて企業に提出します。 運営会社について:ホールディングスの傘下企業 エムステージを運営している 株式会社エムステージ(以下、エムステージ社)は、 株式会社エムステージホールディングス(以下、エムステージHD)の複数の傘下企業のトップに位置します。 両社は同じ住所に本社があり代表取締役も同一人物です。 資本金の額は、エムステージHDもエムステージ社もそれぞれ5,000万円です。 エムステージの良い評判、悪い評判 エムステージが世間でどのように評価されているのか、 良い評判と悪い評判の両方を紹介します。 良い評判「相談しやすい先生を紹介してもらえた」 医療ベンチャーのC社は従業員数が50人未満なので産業医の選任義務はないのですが、それでもエムステージの紹介を受けて産業医を選任しました。 C社は、CEOが 「仕事で一番大切なのは健康。従業員には体調不良を感じたら積極的に休むように伝えています」 と話すほど健康経営に力を入れています。 産業医選任はこの一環になります。 同社はエムステージを選んだ理由について 「エムステージさんを合わせて3社のサービスを検討しましたが、エムステージさんには従業員数50人未満の事業場を対象にしたプランがあり柔軟に対応していただけそうだと感じました。また、産業保健の体制整備に初めて取り組むためにわからないことが多かったのですが、営業の方に専門的な知識を教えていただいたり、助言をいただいたりしたことも心強かったです」 と説明しています。 そしてエムステージから紹介を受けた産業医については 「とても柔らかい雰囲気で、どの社員でも相談しやすい」と感じています。 良い評判をもう1件紹介します。 エムステージの従業員と思われる人が 「医師の紹介を通じて間接的に地域医療に貢献している」 とコメントしているサイトもありました。 従業員が満足して働いている会社は 「しっかりしている」ところが多いので 安心材料になるのではないでしょうか。 悪い評判 エムステージに関する悪い評判は少ないものの、 「中途採用者が多く研修内容が確立されていない」というコメントがありました。 産業医の質に少し懸念が残る調査結果となりました。 まとめ ~実績があることの安心感~ エムステージの産業医紹介と産業保健サポートは 充実した内容であるといえるでしょう。 実績も豊富で、企業の産業保健担当者にとって頼りになる存在になるはずです。 これまで産業医を選任してこなかった企業は、 産業医を受け入れるだけでは終わらず産業保健体制を新たに構築していく必要がありますが、エムステージはそれもサポートします。 産業保健の充実を検討している企業は、 エムステージは選択肢の1つになるのではないでしょうか。

人気記事一覧を見る

当サイトイチオシの
産業医をピックアップ!

産業医クラウド

pr_image

PR :株式会社Avenir

PR
3 つの特徴

全国で10,000以上の事業所を持ち、1ヶ月以内に自社にあった 産業医を紹介可能!

産業医・保健師・カスタマーサクセスが連携した高品質のサービスを提供!

2人1組の体制を構築することで、継続的なサポートと後身育成を実現!

詳しくはこちら

産業医紹介
を検索

X

絞り込み条件で探す

数ある産業医紹介会社の中から、皆様の企業が最も必要とする条件に合わせて検索します。
「ご希望」に合わせチェックボタンにチェックを付け、検索ボタンを押してください。

地域
産業医選任のご状況
産業医に求める項目
※複数選択可
サポートしてほしい業務
  • セルフケア研修とは 自分自身で仕事・生活のストレスに気付き、適切に処理するストレスマネージメントの方法を学ぶための研修です。
    自分がいつ何にストレスを感じて、どんな反応があるのかメカニズムを知る。また他者とストレスの対処法を共有することで、状況に応じて対策できるようにしていきます。
    仕事に対する考え方を変え、職場のストレス環境を改善するアドバイスも行います。
  • ラインケア研修とは 部下の心の健康をケアし、職場環境の問題点を把握することで、より良い環境に改善するための管理職の方に向けた研修です。
    普段から部下を気にかけ、相談しやすい雰囲気を作ることで、些細な変化を発見できるようにします。職場で定期的に相談の機会を作ることが効果的です。
    研修はなるべく早く行い、管理職の方が徐々にスキルを上げて、中長期的に改善をしていけるような取り組みをしています。
  • オンライン診察とは 職場外や自宅でいつでも受けるがことができる、物理的距離にとらわれない診察です。
    近年特に力を入れている取り組みであり、普段と変わらない診察が可能です。
    さらに、自宅などで受診できるため、普段よりリラックスしてのびのびと患者さんと会話できるメリットがあります。
  • EPA導入とは 「従業員支援プログラム」と訳されるサービスです。
    従業員のメンタルヘルスを管理し、仕事へのパフォーマンスを下げる要因を特定・改善することで、職場の生産性の向上を目的とする取り組みです。
    専門的な知識を持った産業医が個人だけではなく、職場の環境も含めた社内制度や運営方法など、幅広い面から改善を行います。
月額費用